2016年12月7日、福岡市とヤンゴン市は、日本とミャンマー間で初めての姉妹都市になりました。

2017年度は両市の姉妹都市締結を記念して、福岡市民の皆さん・ヤンゴン市民の皆さんともに、お互いの都市のことを身近に体感していただけるようなイベントを、多数実施しました。

   ・meet YANGONにビッグゲストが登場!

   ・FUKUOKA YANGONフェスティバルを開催しました vol.1

   ・FUKUOKA YANGONフェスティバルを開催しました vol.2

   ・ジャパン・ミャンマー・プエドーに参加しました

上記の通り、主要イベントについては本ブログでもその様子をご報告していましたが、まだまだ紹介しきれていないものもたくさんありましたので、今回、まとめて振り返ってみます!

■「ようこそ、ミャンマー美術へ!」@福岡アジア美術館

ヤンゴン市との姉妹都市締結を記念して、2017年8月31日(木)~2018年1月9日(火)、福岡アジア美術館のアジアギャラリーでは、ミャンマー美術のコレクション展「ようこそ、ミャンマー美術へ!」が開催されました。

福岡アジア美術館は、アジア23ヵ国・地域の近代から現代までの作品を収集・展示していますが、ミャンマーの作家の作品も所蔵しています。今回は、その中から約30点を展示し、20世紀初頭から今日までのミャンマー美術の歩みを紹介しました。

20180327-02.jpg

福岡アジア美術館は美術作品の収集だけでなく、アジアの美術作家・研究者等が福岡に滞在し、様々な交流プログラムをおこなう「レジデンス事業」を実施していますが、ミャンマーからも過去に合計4人の美術作家・研究者がこの事業に参加し、作品を残しています。

姉妹都市締結から1年を待たず、このようなコレクション展を開催できるのは、1970年代から世界に先駆けてアジア美術を収集してきた福岡アジア美術館ならでは。11月3日から開催された特別企画「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現代まで」とあわせて楽しんでいただいた方も多かったのではないでしょうか。

■市内の小学校・中学校・特別支援学校の給食でミャンマー料理提供

異文化理解もまずは「食」から!ということで、9月には福岡市内の中学校・特別支援学校、10月には小学校でミャンマー料理を提供しました。

教育委員会の給食担当者が一番悩んだのはメニュー選定だとか。ミャンマー料理といえば、いろんな種類のカレー、伝統的な朝食「モヒンガー」(魚・ナマズベースの麺料理)等がありますが、給食となると、子どもたちがある程度好き嫌いなく食べられるものでないといけませんし、食材の調達や一食あたりの予算の壁もあります。

そこで選ばれたのが、「シャン・カウスエ」です。

20180327-03.JPG

「カウスエ」はミャンマー語で「麺」という意味。「シャン」は、ミャンマーの東部の州の名前です。

シャン料理は日本人の口に合うと言われており、ヤンゴン市内にも有名な店があります。残念ながら厳密に言うとヤンゴンの料理ではありませんが、この「シャン・カウスエ」を学校給食で再現していただきました。

当日は、いくつかの学校で、ミャンマーからの留学生や研修生との交流給食を実施しました。短い時間でしたが、小学校・中学校での生徒の皆さんとの交流を、留学生・研修生の皆さんもとても楽しんでいただき、大好評でした。

■ミャンマーウォーター出展

2017年10月26~28日、ヤンゴン市で開催された「ミャンマーウォーター2017」というイベントに、「福岡市国際ビジネス展開プラットフォーム」会員企業6社と共同で、福岡ブースを初出展しました。

「ミャンマーウォーター」は同国内最大級の“水と環境”に関する展示会で、2013年から毎年開催されています。ブースでは、福岡市の優れた上下水道・環境技術や、ヤンゴン市に対する各分野の国際貢献(技術協力)の取組みなどをご紹介するとともに、日本の都市では唯一の姉妹都市という強みを活かして、福岡市のまちづくりを支えている地元企業の製品や技術を効果的にPRしました。

20180327-04.jpg

20180327-05.jpg

福岡市のブースは、国やヤンゴン市などの行政機関幹部や地元企業の方々が多数来場し大盛況!その結果、3日間のイベント期間中、最もにぎわったブースとして、「The Most Popular Booth」賞を受賞!!

20180327-06.jpg

姉妹都市福岡の強力なPRと地元企業の今後の更なるビジネス展開に向けて、大変有意義な出展となりました。

■最後に・・・

姉妹都市締結1周年として、大きなPRイベントだけでなく、ミャンマーの芸術文化から広く子どもたちが触れる学校給食、企業の海外展開支援まで、多岐にわたる事業を実施した1年でした。

急速に発展していく「アジアのラストフロンティア」ミャンマーとの交流は、今後ますます多様化していくことが見込まれます。

これからも姉妹都市交流を通じて、ミャンマー・ヤンゴン市のことを福岡の皆さんに知っていただき、ヤンゴン市で“福岡ファン”を増やしていきたいと思いますので、ご支援・ご協力のほどよろしくお願いします!