福岡市の姉妹都市の中で一番古い都市,USオークランド。オークランド市には、市の中心部にメリット湖という周囲約5.5キロの大きな湖があります。福岡市でいうと、大濠公園のような存在ですね。

201803xx-01.JPG

この湖の周囲には、126本のレトロな街灯が立ち並び、夜になると湖の水面を美しく照らすそうです。その様子は「光のネックレス(Necklace of Lights)」と呼ばれ、オークランド市の美しい風景の一つとなっています。

第二次世界大戦の際に、この街灯はいったん点灯が中止され、戦後も老朽化などのためしばらく点灯されない期間が続きました。しかし、1972年に昔の美しい夜景を懐かしむ市民からの請願が寄せられ、オークランド市各界の尽力により1987年に再建事業が完成しました。ここ姉妹都市である福岡市からも、街灯2基分の費用を送金しました。

実はこの街灯、福岡市でもご覧いただけますよ。

201803xx-02.JPG

中央区天神の福岡市役所北別館前に、ひときわ目を引くヴィクトリア朝デザインの街灯が建っています。1975年の「福岡大博覧会」を機に、姉妹都市のオークランド市から寄贈されたものです。今もなお、現役バリバリで点灯中。ここ福岡でも“Necklace of Lights”のレトロな光を楽しむことができます。

ちょっと天神でデート。そんな時は

“福岡市役所北別館前に建ってる、姉妹都市オークランドから寄贈されたあのひときわ目を引くヴィクトリア朝デザインのレトロな街灯前集合!!”

なんて待ち合わせもいいかもしれませんね。