7月1日(土) から10日(月) の10日間,姉妹都市のUSオークランドから訪問団の高校生6名が来福しました。オークランド市との相互派遣事業は長年にわたり実施され,今回の受入で実に45回を数えます。

訪問団の皆さんは,滞在中,日本の家庭にホームステイしました。皆さん新しい家族の一員として楽しく貴重な経験をした様子。

20170731-02.JPG

20170731-03.JPG

福岡県立香住丘高校では,学校の授業体験のほかPTAのご協力により着物着付体験や茶道体験など,日本文化を満喫。生徒達も団員を暖かく迎え入れ,団員がアメリカで人気のダンスを披露した際には,その場にいる学生も大盛り上がり。みんなで踊り出すなど学校での体験をエンジョイしました。

20170731-01.JPG

その他,福岡市博物館ももちろん,福岡タワーへの見学や博多人形の絵付け体験など盛りだくさんの日程となりました。また,今回は福岡オークランド友好協会(Fukuoka-Oakland Friendship Association)にも協力いただきトヨタ自動車九州工場や宗像大社などスポットにも行き,充実した滞在となりました。

20170731-04.JPG

こうして10日間の福岡滞在は笑顔で最後を迎えました。オークランドに帰っても福岡,また日本の事を思い出していただいてこれから両国の間の架橋になっていくのを期待しています。