姉妹都市のプサン広域市には、福岡市から職員が派遣されています。
昨年4月から派遣されている三浦さんより、現地情報をお伝えします!!  

3月27日釜山市のセンタム中学校にて、「2016韓日親善中学生語学交流会」が行われました。


この交流会には、福岡市の中学校から20名以上の中学生が参加し、釜山市のセンタム中学校と学生交流を行いました。


まずは体育館で、お互いに馴染みのあるドッジボール。


初めは緊張のせいか、ぎこちない動きも見えましたが、競技が始まると笑顔も見え、真剣そのもの。汗を流し元気いっぱいに動いている姿が、とても印象的でした。同じルールの中で互いに一生懸命体を動かすことで、少しずつ緊張も解け、みなさん楽しんでいました。

その後は、楽しい昼食の時間。韓国料理の定番であるキムチなどの入ったお弁当をみんなで一緒に食べました。最初はお互い言葉もわからないため、どう接したらいいかわからず、戸惑っているようにも見えましたが、ドラマやアイドルグループなど共通の話題がでてくると、英語・日本語・韓国語を交えてなんとか意思疎通を行うことができているようでした。

最後には、一緒に写真を撮ったり、アドレスの交換をしたりなど、大盛り上がり。今後の再開を約束している姿も見られ、別れを惜しんでいる様子でした。