016年7月9日釜山外国語大学で「第4回高校生クイズ大会」が開催されました。この大会は、日本語への関心と理解及び日本語能力の向上、両国間の文化理解と交流の増進を図ることを目的として、開催され今年で4回目となります。
当日は、嶺南地域の45高校から66チーム132人が参加し、熱戦を繰り広げました。

まずは、チーム戦があり、そのあと個人戦がありました。出題されるクイズは、日本語の文法や表現についてや日本文化への問題でした。日本文化の問題では、日本人でも即答できないような難しい問題もありましたが、普段から日本の文化に興味をもち、この大会に備え一生懸命勉強してきただけあって、回答者のレベルも高く簡単に答えている学生も多かったです。

【チーム戦は二人一組で参加です】

大会に参加している高校は、外国語高校が多かったですが、一般の高校からもの参加者もいました。中には、日本語を勉強して間もない高校生もいて、日本語を勉強するきっかけについて尋ねたところ、「日本の漫画やアニメを見て日本に興味を持った。日本語を勉強して日本人の友だちを作りたい。」と笑顔で語ってくれました。今回の大会を契機に、より一層日本への関心を深めてくれることだと思います。  

【クイズの問題は日本語でも出題されました】

このような大会を通じ、韓国の若い高校生が日本の言語や文化にふれ、日本へ興味をもち、両国の相互理解が進むことを期待しています。

【個人戦で見事入賞し、福岡市長賞を受賞したのは蔚山外国語大学のキム君です。
福岡に行くのを楽しみにしてくれています】