9月に在京都フランス総領事として就任されたジャン・マチュー・ボネル氏が、貞刈副市長を表敬訪問されました。総領事自身、2回目の福岡とのことですが、1回目は大学時代の交換留学の際にわずか半日立ち寄っただけだとか。今回の来福は楽しみだった様子。
 

Mr. Jean-Matthieu Bonnel, who was appointed Consul General of France in Kyoto in September, paid a courtesy call to Deputy Mayor Sadakari today. For Consul General Bonnel, this is his second visit to Fukuoka, having spent half a day in the city when he was a university student. He seemed to have thoroughly enjoyed his second visit.

在京都フランス総領事 福岡市を表敬訪問

総領事にも福岡市の住みやすさは伝わっているようで、移住したいと思うフランス人もいるとお話ししていました。そのほか、福岡の郷土料理や2020年の東京オリンピックにおける福岡の役割などについて、熱心に副市長と意見交換。
 

Mr. Bonnel praised the livability of Fukuoka and said that there are interests even among the French in moving to the convenient city. He also expressed his interests to Mr. Sadakari in the traditional cuisines of Fukuoka, the city’s role in the 2020 Tokyo Olympics, and other topics.

福岡市は、フランスのボルドー市と1982年から姉妹都市となっていますが、今年9月には、両市で今後3か年の協力計画を調印するなど深い交流が続いています。福岡市とフランスとの交流を、今後様々な場面で深めるように貢献していきたいとおっしゃっていました。
 

Fukuoka and Bordeaux of France has been sister cities since 1982. This September, the two cities signed a 3-year agreement that further deepens their exchanges. Mr. Bonnel said that he would like to assist in the various kinds of exchanges between Fukuoka and France in the future. 

余談ですが、総領事は11月27日(日)の大相撲九州場所千秋楽で日仏友好杯を授与しました。「コラにしか見えないから好き」「でかすぎるマカロンが凄い」などネットでも有名な恒例の巨大マカロンですね。今回は金色のマカロンを授与したみたいですよ~
 

As an interesting side note, Consul General Bonnel presented the Japan-France Friendship Cup and a giant golden macaron on November 27 (Sunday), the last day of the Kyushu Sumo Tournament.